熊本市西区上熊本の外間整形外科医院|整形外科、リハビリテーション科

診療案内

整形外科

整形外科では腰痛・膝痛・脱臼・骨粗しょう症・痛風・スポーツ障害などに幅広く対応しています。治療方針で大切にしていることはできる限りお薬にたよらずに、運動機能を高めて改善させることです。そのため、医師の治療や理学療法士の運動指導に加え、看護師による体操にも力を入れています。小さいお子さまからお年寄りの方までさまざまな世代の方を診ていますので、体の痛みやしびれなどでお悩みの方は、お気軽に足をお運びください。

腰痛

腰痛には急性腰痛症や慢性腰痛症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折などがあります。治療ではお薬だけにたよるのでなく、ぎっくり腰などは発症の原因がわかれば、腰のズレを正すことで痛みを緩和できます。また、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアは痛みが生じないように、運動療法を継続して取り組んでいただくことが大切です。このように、患者さま一人ひとりに合った運動療法を行い、並行して再び腰痛にならないような体作りを目指していきます。

膝・首・関節の痛み

当院では内服薬や注射だけでなく、運動療法も取り入れ、腕や首、関節の痛みを和らげます。慢性的な痛みを取り除くには、運動療法が良好な方法といえます。患者さま自身が率先して運動に取り組めるように、自宅でもできる体操を教えます。医師・理学療法士・看護師がチーム一丸となって支えていきますので、気になる症状がありましたらお声がけいただけると幸いです。

脱臼

柔道などのスポーツをされている方は人との接触が多いため、脱臼することがしばしあります。また、幼いお子さまは寝返りのうちどころが悪かったり、車道に飛び出さないように腕を引っぱったりすることで肘が外れてしまうことがあるのです。もし、腕が痛くて上がらないなどの症状がありましたら、すぐにご相談にいらしてください。

脱臼の治療では肩が外れしまったときの状況をお伺い、外れた関節をその場で入れ直します。治療後、痛みや腕の可動域に問題がないかを確かめ、異常がなければすぐにお帰りいただけます。患者さまの状態によっては関節がうまくはまらないケースもあり、レントゲンで詳しく調べます。検査の結果、当院での治療が難しい場合は連携の医療機関をご案内します。

リハビリテーション

リハビリテーション科では、骨折や靭帯損傷などの痛めた足腰の運動機能を取り戻すため、理学療法士による運動指導を行っています。院内にはウォーターベッドなどの機器を導入しており、優しい水圧で筋肉や靭帯のコリをほぐし、血行の流れをよくします。また、患者さまが無理なく継続できるよう、ご自宅でもできるリハビリメニューも教えています。リハビリをする際に、体の痛みや症状などで気になることがありましたらご相談ください。